Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2009年08月19日 (22:19)

クリステン・スチュワート「外に出るのが怖い」

http://www.showbizspy.com/article/190783/kristen-stewart-im-scared-to-go-out.html

クリステンが熱狂的なファンを怖がっているという記事。
変装して外出しても多分脚の形でバレてしまうだろう、と考えてるらしいです。お笑い芸人でも揉み上げがないとかエラが張ってるとかでバレてしまうというのがあるけど、そういうのあるんですね。

それでファンがどのくらい熱狂的かというと、拉致されるんじゃないかというくらい興奮状態になってくるんだとか。
…これは怖い。外に出る度にこれじゃウンザリなんてもんじゃなく、身の危険を感じて当然。

普通ファンって本人が嫌がることは止めておこうと判断するもんじゃないんですかねえ。いくら興奮したって。結局、その対象の感情や都合無視して突撃してる時点でファンじゃなくてストーカーに片足突っ込んでる。

で後半はインタビューについての不満。これについては別の記事もあります。


http://www.thecelebritycafe.com/features/31959.html

ここでは「パパラッチやインタビュアーは魂を取ろうとする」とまで言ってます。

インタビューをうけても往々にして言葉をねじ曲げられ、そんな言葉の断片で人格すべてを他人から判断され続ける。特に共演者ロバートとの噂については憶測だか妄想だかわからない飛ばし記事が蔓延してる現状ではまた一層堪えるはずです。

クリステンは、ロバートのファン(極一部と思いますが)に嫉妬されていて、読むに堪えないほどの中傷を載せたブログさえあります。何か言ってもインタビュアーに面白おかしく言葉を歪められ、その記事を元にまた叩かれる、と。嫌っている人は何を読んでも叩くのかも知れないけど、自分の意図と違うインタビューでとなると文句も言いたくなる。

クリステンは、トワイライトのオファーが来たときは原作のことを知らなかったと言ってました。原作の熱狂的なブームを知っていたら、パパラッチに追い回されることを知っていたら、本当に受けていたのだろうか…?
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

コメント

海外のファンは熱狂的な人が多いですよね

日本人は比較的礼儀正しいので
来日したときに日本のファンを気に入ってくれる人が多いのかなぁと思ったりします

とりあえず、危険なことがおきなければいいですね

すでにロバートは腰の辺りを走ってきた車に接触するという「被害」受けてるんですよね。ファンのせいで。

撮影の間はガードがいるからいいとして、問題はプライベート。家がバレちゃってるんですよ。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://kristenstewart.blog93.fc2.com/tb.php/449-08e371ea
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。