Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2008年11月20日 (23:30)

“Twilight”公開前から大ヒットの予感 だそうです

詳しくはこっちを読んでもらうとして

http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d00000gbmb0.html

プレミアも大盛況だったようで盛り上がりは最高潮!らしいです。で、この記事にはいろいろとその盛り上がりの原因を分析しているのですが、日本との違いを感じること頻り。

>理由1:ベストセラーが原作
他にも英語圏では少なくとも翻訳が必要ないというところが世界規模での人気を下支えしているんでしょうね。タイムラグがほぼゼロ。日本は翻訳の手間をかけるというところで時間はかかるわ、妙に分冊して高くなっちゃうわで。安い本は安いんですけどね。
>理由2:ロバート・パティソンの人気
キャスト発表当初は非難轟々だった気がするのだけど。いったいこの空気の変りようは…この件にはあまり触れますまい。
>理由3:女性はロマンスに飢えている
アメリカでは原作の知名度があるのでいいけれど、あの予告編だけではロマンスが題材にほとんど見えない。日本ではどいうい売り方をするのかな?
>理由4:ヴァンパイアものだから
これは日本でもアニメやゲームでメジャーなジャンルなので抵抗なく受け入れられるはずですね。
>理由5:サミットの重箱の隅をつつく戦略
制作費より多い宣伝費!日本じゃまず無理かな?日本はやたら宣伝番組や番組内宣伝が多いのは大抵がテレビ局が制作した映画だったりします。撮影開始時期から小出しに小出しに継続して情報やら画像やらを放出、キャストもインタビューを精力的にこなしてました。
やっぱりヒットさせようとしたら、金に尽きるわけですね。うーむ。
>なお、日本配給権は角川エンタテインメントが獲得している。
メディアミックスの先駆者にして雄の角川なら漫画化やアニメ化ももしかしたらあるかもしれません。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://kristenstewart.blog93.fc2.com/tb.php/356-6642967b
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。