Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年11月10日 (23:45)

TeenHollywood.comのインタビュー しょにょにー

前日のインタビューについて。完訳するのも面倒なので大意だけをレポします。詳しくは自分で読んでくれい。

ザスーラで使われた等身大の人形は、バスルームでクリステンが凍りついたシーンのために作られたものだそうで、頭部は昔ながらの石膏で型取り。石膏が固まるまで鼻からしか息が出来ず、ちょっと閉所恐怖症気味で大変だったそうな。身体はデジタルスキャンで取り込んでます。頭部もデジタルスキャンできなかったのか。とりあえずそのデータ、くれ!
ちなみに彼女は倉庫でターミネーターの隣で今も凍ってます。

演じる役柄についてはクリステンは同じような役をやって固定的なイメージに囚われたくないようで「そんなの役者じゃない」んだと。かっちょいいな!次はファンタジーとか時代物とかアメコミとかとにかくコスチューム物やってやって。

好きなSF映画はETとスペースボール。ははあクリステンはSF映画はあんまり好きじゃないと見た。スペースボールとはこれまた懐かしい。

続いて共演の子役について。不思議とクリステンはお姉さん役が多いけど実際は兄が一人いる妹です。弟や妹がいないので当然家族で一番年下だから赤ん坊と触れ合うこともないけど演技には特に問題はないとのこと。そういえばクリステンは妹。あ、その妹のイメージはファンタジーですから。
ザスーラではクリステンはちと怖いお姉さん役のようですが彼女も小さい頃に兄と一緒にいたいのに部屋に入れてくれなかったりしたので弟二人の気持ちがよくわかるとか。贅沢者だぞキャメロン。ああ血の涙流す野郎どもの姿が目に浮かぶ。
幼い頃その兄貴はクリステンと電話の取り合いで喧嘩になり、電話でクリステンを叩いたら腕を骨折してます。天罰かクリステンが頑丈なのか兄貴のカルシウム不足か。
で、結局なんだかんだ言って兄のことが(家族として)好きなのが透けて見えるのが当然と言えば当然だけど、当の本人はどういう顔してこのインタビューに同席しているのか見てみたいところ。この幸せ者め!

家族と言えば父親の影響で聴く音楽はクラシック。但しロックの。同年代と音楽の話題が合わないんじゃないだろうか。
それにしても父娘で同じ音楽が趣味ってうらやましい。娘は思春期にもなると父親とは会話しないもんだ。それが「ダディ、U2のHow to Dismantle an Atomic Bomb買った?」「それの日本版にだけボーナストラック入ってるんだよ。どうしようか?」「でも日本版高いよ?」なんて会話してるんだろうか。以上あくまで想像。

さてクリステンの今後の最も気になる動向は本当に大学に進学するかどうか。以前はその間は俳優業はお休みとのことだったのだが…やっぱり決意は固いようで今現在準備プログラムを受けているらしい。向学心旺盛なのはいいけど…けど…けど…
これはやはりクリステンの憧れの存在がジョディ・フォスターであるということと関係しているのは間違いなく、彼女のクリエイティブな才能に惚れ込んでいて、そのことは以前ジョディがクリステンは映画作りに興味を持っていると言っていたことからもわかります。

以下はIn the Land of Womenに関わる話題なのでそれは別のカテゴリにて。




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://kristenstewart.blog93.fc2.com/tb.php/106-fbb1e65b
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。