Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月30日 (02:26)

The Cake Eatersの撮影予定

http://www.zwire.com/site/news.cfm?BRD=1769&dept_id=74958&newsid=16704034&PAG=461&rfi=9

ニューヨーク北部のキャッツキルにて6月最終週に撮影が行われる予定です。メインロードや墓地などを交通規制して行うそうです。ま、交通規制しないとバスのシーンとか撮影できんでしょうなぁ。

で、このキャッツキルが物語の舞台となる町だと思うんですけど、撮影期間が一週間程度と短いのが気になるところではあります。他のシーンは別の場所で撮影するのかな?

キャッツキルについてネットで斜め読みした感じだと田舎の保養地っぽいので、暇と金が余って仕方がない人は撮影時期に合わせて行ってみるのもいいかもしれません。
ただクリステンがこのシーンでの出番があるかどうかは不明なので、早まって行ってもこっちは責任とれんです。


スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月28日 (02:19)

アンダートウのDVD

そういえばアンダートウのDVDの発売が5月26日でした。

北米盤DVD持ってるし、クリステンの出演時間も短いし、面白くないしでどうしてもわざわざ買ったりレンタルしたりする気になれず。
ただ吹き替えのキャストが気になるけどどこを見ても載っていない。ブログなどでも誰も感想を書いていない…まだ誰も観ていない?大作でもなく華のあるキャストでもないから仕方ないけど。

今スペックを確認したらコメンタリーが収録されていない!北米盤でクリステンのシーンでクリステンについて何か言っていたみたいだけど字幕なくてわからなかったので気にはなっていたんだけど。一瞬だし大したことは言ってないだろうから、いいか。

いつか観てみるつもりですが、未見の人は観るべし。
観た人は吹き替えのキャストプリーズ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月25日 (05:36)

6/9 金曜ロードショーでパニック・ルーム放送

というわけで6月9日の金曜ロードショーにて放送。
地上波全国放送は2004年10月の日曜洋画劇場以来です。確か前回は中越地震の前日だったはずですね。今回jは何事もなければよいのですが。

http://www.ntv.co.jp/kinro/20060609/top.html

15分拡大放送ということはおそらくノーカット。吹き替えのキャストを見る限り、前回の日曜洋画劇場版と同じですが、こちらはノーカットだったっけ…?もし編集されていたら前回未放送だったシーンの分は新録があるかもしれません。個人的には矢島晶子クリステンもいいんだけれどDVDの竹田まどかクリステンの方が好きです。
でも矢島バージョンの方が初見の人はクリステンが男か女か微妙に混乱するので面白い。うひひ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月25日 (05:24)

YouTubeで見つけたクリステンの動画

やたら日本人が利用しているYouTubeですけれども。
クリステンの動画もアップされていました。アップしてくれているのは熱心なベルギーのファンのVeronique。あんたはスゴい。
Thanks for Veronique.

肝心の動画はリンクセクションから飛べますのでそちらからどうぞ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月19日 (22:43)

In the Land of Women追加スチル

In the Land of Womenより追加スチルです。

http://unwavering-affection.net/gallery/displayimage.php?album=262&pos=15

他のめぼしいサイトは回ってみたものの同じものは発見できず。
ネタ元はどこに?


にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月18日 (01:31)

アレクサ・ヴェガと

http://www.kristenonline.net/index.php?option=com_smf&Itemid=71&topic=264.0



上記ファンサイトの掲示板によるとアレクサ・ヴェガの主演作Wakoutに関係するキャンプで、クリステンは出演していないので友人として参加したのではないか、とのこと。
上の写真でクリステンが抱えている「ネコ」がNylon magazineの記事で言っていたMax?エルバッキーのごとく光る目が怪しい。
撮影時期はまだ金髪に染めていることからIn the Land of Womenの撮影が終わって間もない頃と思われます。

二人がどのような経緯で友人になったのかは不明ですが妹のマッケンジー・ヴェガはIn the Land of Womenでクリステンの妹役を演じてます。むしろそちらの繋がりでこのキャンプに来たのかも。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月06日 (12:05)

日本公開は?

Into the Wildの日本公開の可能性が出てきました。

http://www.movieweb.com/news/22/12522.php
Focus Features Internationalというユニバーサル・ピクチャーズ系列の会社が日本でセールスと配給をするようです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月04日 (22:51)

追加キャスト

クリステンが参加するかどうか未定のInto the Wildに追加キャストがあったことがわかりました。
キャサリン・キーナーとヴィンス・ヴォーンの二人です。
キャサリン・キーナーの役は不明ですがヴィンス・ヴォーンはエミール・ハーシュが旅の途中で出会うトラックのドライバーとのこと。

http://www.killermovies.com/i/intothewild/articles/6116.html
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月02日 (04:46)

Nylon Magazine

5月号が既に日本でも洋書売り場などに入荷しているようです。
この内容を踏まえてBiographyを少し補足してます。変わったペットをお飼いだこと。

クリステンのいうことには酒も飲まないし、踊るわけでもないからクラブに行ったってすることがない、とのこと。未だ酒を飲んでいい年齢ではないから当然といえば当然なんだけれど、飲んでたら飲んでたで正直に言いそうな気もする。クラブでは好きなクラシックなロックはかからないということも理由かも。

あれれ今時のティーンっぽくないかな、と思っていたら最近ハマった本がジャック・ケルアックの「路上」。ケルアックといえばいわゆるビートジェネレーションの作家ということくらいしか知らんのですが、今のアメリカのティーンが読むものなんだろうか。で、運転免許とってトラックをぶっ飛ばしたいそうです。運転は安全に。

それからマーティン・スコセッシと仕事ができたら死んでもいい、ということなのでスコセッシはオファーしないように。

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年05月01日 (00:28)

The Mean Magazine

ようやくゲット。

この記事によるとクリステンは、そもそも役者になりたかったわけではなく、物書き志望(おそらく脚本)だったようです。嫌々参加した学校行事の合唱?でエージェントがクリステンを発掘した、と。役者をやめようかと思っていたこともあったそうです。

物書き志望だったこともあって、映画ではあくまで物語を重視していて特殊効果とかには興味がないとのこと。ザスーラに出演をしたのもジョン・ファブローが監督だったから。ザスーラのメイキングを見ると、CGの使用をできるだけ控えてあくまで実際に物をを壊したり燃やしたりすることに努めた、と強調していることからそのあたりもクリステンの共感できるところだったのかも。

いつの日かクリステン監督・脚本・主演の映画が観られるかもしれません。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。