Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月29日 (03:06)

Into the Wildの撮影開始

既にInto the Wildの撮影がアラスカで開始されているようです。
IMDbの掲示板で目撃情報が報告されています。
http://us.imdb.com/title/tt0758758/board/threads/
ショーン・ペンとエミール・ハーシュは目撃されてますね。
ところが不思議なことに他のキャストの目撃情報は見られません。

物語は主人公が故郷を捨てての旅の過程を追うことなので、もし出演するとしてもその旅に同行していない妹役のクリステンはこのアラスカでのロケには参加しないでしょう。ナレーション以外の出番があるとしたら旅立ち前くらいかと。

結局まだ出演が本決まりになったかどうかは不明なわけです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月23日 (17:16)

THE CAKE EATERS

Into the Wildの出演の決定が未だ不明ですが、もう一本出演作が決まったようです。
Hughes Talent Agencyというエージェントの発表によるとタイトルはTHE CAKE EATERSです。
http://hughestalent.blogspot.com/2006/04/new-york-casting-calls.html
メアリー・スチュアート・マスターソンがプロデューサー兼監督として名を連ねていますね。
メインのキャストは決まったようですが、その他のキャストは広く募集をしています。年齢や容姿が合う人はどうぞ…って日本人は関係ない。多分。

クリステンの役はジョージア・カミンスキー。
http://www.vinylfoote.com/7128.html
あらすじはプロダクションのサイトから荒訳ですが以下のとおり。

ガイ・キンブローは彼の夢を生きていた。彼はニューヨークシティでの三年の後、ペンシルバニア州のコネズヴィルの町に帰ってきた。ビッグニュースを病弱な母、疎遠になっていた父イージー、兄弟のビーグル、町に残してきていた少女ステファニーに伝えるために。しかし彼の家はかつてのそれとは変わってしまっていた。秘密と後悔と、小さな町の難問が占めていたのだ。
ビーグルが不治の病の15歳の少女ジョージア・カミンスキーと急速に親密になっていること、そして父親の家族の財産の扱い…ガイは新しい生活の現実からは逃げられないように見えた。


不治の病!パニック・ルームでは日常生活には注意していれば支障のない糖尿病だったけれど、今回は?

撮影は5月末から5週間を予定。Speakより短い…。うーん、やっぱり低予算?
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月22日 (19:38)

Interview Magazine

3月号をようやくゲットしました。これ、買いですよ。

インタビュアーはザスーラの監督でもあるジョン・ファブロー。えー、ジョンはしゃべりすぎ!分量の半分はジョン。まぁ興味深かったのでいいけど…
インタビューの内容としては、In the Land of Women、Fierce People、The Messengersの撮影について。他には友人とのことや家族のことなど。8ページのうち5ページは写真。全体からクリステンの自主性の確かさがうかがえます。
ザスーラのコメンタリーといい、この記事といい、完璧にジョン・ファブローはクリステンのファンですな。

新しい情報としては、ショーン・ペン監督作の台本の読み合わせに参加したことがクリステンに語られています。タイトルこそ出ていないけれどショーン・ペンが監督でエミール・ハーシュも参加していたことからInto the Wildに間違いないでしょう。ちなみにクリステンはそのとき体調が悪く咳が出て鼻をぐずぐずいわせていたそう。合否は、このインタビューの時点ではまだ不明だったようです。
話しぶりではオーディションのようなんですが同じ役を競う他のライバル参加者のことも触れられていないので、最終段階の確認のようなものだったのか…な?

ebayなどでまだ手に入るのでファンは買いですよ買い。

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月16日 (15:02)

2007 ?

4月の公開が予定(公式な発表はされてませんが)されていたFierce Peopleですが、2006年中の公開もなくなったようです。

http://www.boxofficeprophets.com/tickermaster/listing.cfm?tmID=1281

ちなみにこのサイトの情報は確度が高いので間違いないものと思われます。
Speakを超えて、最長お蔵入り記録を更新か~
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月13日 (01:14)

NYLON magazine

NYLON magazineの5月号にクリステンの記事が載るようです。
表紙画像とかはこちらに↓
http://www.kristenonline.net/index.php?option=com_smf&Itemid=71&topic=213.0
ミーシャ・バートンが目印。

NYLON magazineのサイトはこちら
http://www.nylonmag.com/

このところInterview、Meanと雑誌媒体の露出が多くなってきてるのは、ザスーラに出たから…?どう考えても大コケだったんだけれども。
何はともあれ注目されてきているというのは嬉しい限り。
日本じゃ相変わらず無名だけど。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月09日 (15:29)

Happy Birthday!

クリステンの16回目の誕生日ですよ。

見た目の大人っぽさから徐々に役柄も広がってくる…はずなんで今後も期待してます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月07日 (22:59)

メイキング

Ghost House Pictures作品のメイキング集を発見。The Grudge2など他の同社制作のものと混ぜこぜになってます。
随分前からあったみたいだけど気がついてなかった…

↓音が出ます。ご注意を。
http://ghosthousepictures.comingsoon.net/webisode.php
クリステンは走ったり埋められたり、結構ハード。
Flashのファイルそのものはこちらにアップしときました。
Download

画質が悪い上に細切れなのでキャプチャしても大したものではないけど、ま一応。



にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2006年04月04日 (00:12)

ファンレターの送り先は…

リンクにも入れてるクリステンのエージェントの連絡先なんですが。
http://www.stefansautographs.ch/StewartKristen.htm
サイン入りのポートレートを一番新しいものだと先月の27日に受け取ってますね。
このエージェント名で検索すると
http://www.gershcomedy.com/
うーん、クリステンの名前がない。
今月から移籍したのか、それとも若手は載せてないのか。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。