Kristen Stewart FanSite in Japanのニュース部分です→Kristen Stewart FanSite in Japan


↓トワイライトサーガ Amazon.comで発売中!

↓クリステンの伝記もAmazon.comで発売中!↓

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月26日 (21:19)

公開日決定

Fierce Peopleのアメリカでの公開日が10月21に決定。
http://www.comingsoon.net/films.php?id=4514

当然ながら日本公開は未定です。
スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月25日 (00:03)

奴ぁ本気だ

msmコミュニティの方に画像が大量追加されてます。
http://groups.msn.com/KristenStewartSite/shoebox.msnw
ひとつのIDが使用できる容量をフルに使いきり、既に3つのIDを消費しているこの人物が何者かはさておき、少なくともGettyimegesとwireimagesの有料アカウントを持っている(または持っている知人がいる)らしくロゴのはいっていないものが大量にアップされてます。
さらにはどこのサイトのサンプルやサムネイルでも見たことのないものも多いのでお得感倍増です。
Tribecaのフォルダも既に作られていることからここにも近いうちに大量投下されるんではないでしょうか。Tribecaの写真は、これまでになく撮影されているのですごいことになりそうです。

補足:Tribecaのフォルダにも大量投下が完了済みです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月23日 (21:46)

前言撤回。端役でも結構です

Southland Talesからクリステンの名前が消えています。
http://us.imdb.com/title/tt0405336/fullcredits

前にも書いたとおりimdbはデータが必ずしも正確ではないのでまた復帰する可能性も無いわけではないんですが…

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月22日 (02:20)

またしても端役が確定か?

以前、Southland Talesでのクリステンが演じるのはKammyという役だったというニュースを掲載しましたが。
http://us.imdb.com/title/tt0405336/

ところが見てのとおり役名が消えてます。役名の無い俳優のこのクレジットの順番は姓のアルファベット順によるものなので、これだけでは活躍の度合いがわかりません。
ただ他の映画の場合だと、このようなクレジットのされ方では基本的には端役です。予定されていた撮影も遅れに遅れているのでこの映画自体が途中で暗礁に乗り上げそうな気がしてますが。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月18日 (23:18)

別人じゃないかまるでッッ

というほどではないにしろ、ぐんぐん身長が伸びてます。以前は160cm。
http://us.imdb.com/name/nm0829576/bio

さらにぐんぐん伸びてミドルネームがMarieからJaymesに…って身長は関係ない関係ない。ミドルネームってそんなに変わるもんではないのでは?
imdbのデータはエージェントや本人からもたらされる場合とユーザーによって更新される場合があって、いずれの場合も何らかのソースが求められるのですがそのソースが間違っていたり誤報だったりすることもあるので必ずしも正確とは限らないわけです。

というわけで続報待ちです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月15日 (18:10)

Speak in Hungary?

一日にハンガリーでテレビ放送やってたっぽいです。Speakが。

http://us.imdb.com/title/tt0378793/releaseinfo

この情報、裏が取れてません。てゆうか取れません。ハンガリー語なんかわかるか(逆切れ)

一応検索したけどShowtime自体ハンガリーには無いようで、放送したとすれば他の何らかの提携局だと思われるんですが。
本当だとすると、本国ではテレビ放送しないのに映画祭には出しまくるわオーストラリアで放送するわ、で次はハンガリーですかい。原作だってハンガリーで出てないだろうし、もう制作側の考えてることはわからん。



にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
カテゴリ : Speak記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2005年05月15日 (00:24)

コールド・クリークがWOWWOWで放映

5/22日曜の午後から放映とのこと。
廉価ビデオスルーの次はWOWWOWで放映とファンにはうれしい限りです(なげやり)。
クリステン除く有名キャストの容姿の劣化にも哀しくなるポンコツ映画ですが加入している人はどうぞ。

http://www.wowow.co.jp/schedule/dhtml/20050522.html
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月11日 (01:06)

クリステンにこれをやってもらいたい その1

 ちとフィクションじみたルックスとオーラの持ち主クリステン。そんなわけでファンは「彼女にこんな役をやってもらいたい」と妄想を限りなく膨らませるわけで。ふんがふんが。

 というわけで、2ちゃんねるのスレで出てきた希望で具体的な作品に触れているものを紹介することにします。そうでもしないとネタがないんだ。

 まず最初は「恋しくて」。
 製作ジョン・ヒューズ、監督ハワード・ドゥイッチの二人といえば80年代の古き良き青春映画の王道。「ブレックファストクラブ」「プリティ・イン・ピンク」「フェリスはある朝突然に」等々、等身大の登場人物を気持ちよく描いてます。
この「恋しくて」では、恐らくクリステンにはメアリー・スチュワート・マスターソン演じるヒロインのワッツ役だと思われます。

 主人公のキース(エリック・ストルツ)は絵を描くことが趣味のクラスでも浮いてる変わり者の高校生。美術学校に進学を希望しているが、父親は商科に通わせたがってます。ワッツは男勝りでドラムを叩いてるキースの幼馴染。幼馴染という単語でスイッチ入ってしまう人がいるに違いない。
 キースは身の程知らずというか高嶺の花の学校のマドンナのアマンダ(リー・トンプソン)に恋をする。どうにかしてデートに誘いたがるキースを見てワッツは「アイツは金持ち以外は眼中にない」とか「もてあそばれるだけ」と嫌味ばかり。ひょっとしてこの展開は……その予感は当たってます。ワッツはキースのことをずっと好きだったのに打ち明けられてないんですね。変人だから誰からも相手にされないだろうと安心してたんではなかろうか。そんなワッツの想いなんか少しも知らないキースはワッツに恋のアドバイスを求めたりで、甘酸っぺぇこと夥しい。
 ところがところがアマンダは、彼氏が浮気を繰り返してばかりなのに腹を立ててあてつけでキースからのデートの申し入れを受けてしまいます。有頂天になるキース。あせるワッツ。健気なワッツはキスの練習相手になったり、デートの時の運転手を買って出ます。このあたりで大抵の観客は男女問わずワッツにノックアウト。泣かせるのう…
 キースは女の子の扱いに慣れていないしアマンダはあくまでもあてつけで好きでもない相手とのデートなのであまり気が乗らない……はずなのにキースの誠実さが伝わり始めていい雰囲気に。どうなる恋の行方!?

  後は自分の目で確かめてくださいな。見てて恥ずかしくなるベタなストーリーをこうもストレートにやられるとかえって清清しい感じがします。ビバ80年代!

↓この涙がとてもキュート!でも眼光鋭いクリステンには正直この役は向いてないと思う…

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月05日 (19:07)

ノミネートの謎

結局ノミネートに終わったYAAですが。気になることが少し。それは

「そもそも何故ノミネートされたのか?」

ということ。
印象に残る演技をするには出演時間はむちゃくちゃ短いし、重要な役でもない。ほとんどカメオと言ってもいいくらい。どのような基準で選考されているのかよくわからんのですよ。
むしろノミネートされるならミッションXではないかと思ってました。毎年山のように製作される映画にはたいてい子供が出てくるし、今回のUndertowでの出演時間でいいならもっと良い候補作はあるはずですが…
おそらくは製作者が申請した映画のみを選考の対象にしていて、子供限定の賞だからその申請数がそもそも少ないからノミネートされたのではないかと。そんなとこでしょうね。

実は選考する人の中にクリステンのファンがいてそれで毎年ノミネートされてたりして。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月03日 (15:46)

出演時間

UndertowのDVDが届いたのでとりあえず鑑賞。

何かまとまりを欠いた展開で逃避行、ロードムービー、スリラーなどの要素が確かにあるもののどれも中途半端。主人公らの一家以外の登場人物はほとんど端役扱いで、ヒロインかと思われたシリ・アップルビーすらも終盤に少し出るだけという扱い。
基本的に家族の、というより「父子」の物語なんだけれどもうまいこと焦点が合ってない気が。

で、肝心のクリステンの出演時間は…短い!あまりにも短い!
以前に公開されていた本編からのクリップ"I can't"二本分くらいです、はい。ジェイミー・ベルに駆け落ちしよう、と言われるけど断るガールフレンド役です。目つきの悪いカップルだ。

それでは映像特典に期待したいとこですが、メイキングは27分と割りに長めなのにジェイミー・ベル、デヴォン・アラン、ダーモット・マルロニー、ジョシュ・ルーカス以外の出演者のコメントや撮影風景は皆無で、クリステンの姿は結局確認できないのでした。むしろ出演者よりもスタッフがよく映っているというのは何とも。
フォトギャラリーも大半がスタッフの写真ばかりで、キャプションもないし誰かわからんっつーの!すごく楽しそうなのはよく伝わった。でも、空気読んでくれ!我々が求めてるのはそういうのじゃないんだ。な?

デヴォン・アランは可愛らしいし、ジェイミー・ベルとパンツ一枚でじゃれ合うシーンもあるのでショタっ気のある人はまだ使い道…もとい楽しめるかも。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月03日 (02:59)

新規画像決定版β

ついこないだ新規画像決定版なんて投稿をしたわけですがまだまだ甘かった。
リンクセクションにもあるブラジルのヤフーのクラブの kristen-stewartのFotos以下で

Álbuns de fotos > Premieres >Fierce People - 2005 April 24

にまだいくつか別のサイトからの収穫物が載ってました。すごい。(とはいうものの基本的には同じイベントで撮られたものなのでもうゲップ出そうな人もいるでしょうケド…)
見るにはユーザー登録が必要なのでそこのとこよろしく。
バカスカ転載してもアレなんですけれども、

↑これはもはやアニメキャラ的な美形の域にまで達しているような。

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

2005年05月02日 (09:11)

Young Artist Awards受賞逃す…

というわけでノミネートされていたYAAはまたしてもノミネートに終わったようです。
http://www.youngartistawards.org/noms26.htm

同時にノミネートされていた共演のジェイミー・ベル、デボン・アランは見事受賞。
これじゃクリステン一人ができない子みたいじゃないか…そんなことないぞクリステンはやればできる子なんです。きっと。

結局これまで3度の授賞式にも、さらにこの賞には授賞式の前にノミネーション・パーティというのがあって、それにも出席したことがないようです。端から眼中に無いのかも。

もっともわたくしの勝手なイメージだとクリステンには「子供」の時期があるんだかないんだかよくわからん、だからこういう賞はあんまり似合わないなぁ、でございますよ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
Profile

kristenstewartjp

Author:kristenstewartjp
ハリウッドで微妙に活躍中のクリステン・スチュワート嬢のニュース。「パニック・ルームのあの娘」から「トワイライトサーガのあの娘」に移行中だよ。
ツイッターでつぶやいてます↓


twitterlogo

クリステン・スチュワートファンサイトに移動

カテゴリーメニュー
月別アーカイブ

Appendix


過去ログ検索




↓でアメリカ版DVDを見よう!
最近のトラックバック
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。